始動

金沢250.JPG

「がんこながやったわいね」と聞いていたので、恐る恐る移転先の状況確認などのため雪の金沢へ。ここ数日は落ち着いて入るものの、雪の重みで木の枝が折れていたりと、庭の状態など雪が融けたあとに浮き上がってくる問題もありそうです。

作業場などをどのようにするかのイメージも膨らみ、いよいよ本格的に進める段階へとなってきました。

そんな気分をいっそう駆り立てたのは、新一年生となるイトが制服に袖を通した姿。試着したり、用具をそろえたりしていると一気に時間が進んだ気がします。

なんやかんやといろいろ動き始めました。

  
Date : 2018.02.20 Tuesday
メモ :: - :: -
面壁九年

額250.JPG

額のようなこの作品。実際はフレームだけで、中には何も飾ることは出来ません。窓のように向こうの景色を切り取ってみる作品です。

四隅に入れた文字は「面壁九年」。達磨大師が少林寺に籠り、壁に向かって座禅を9年も組み続け、悟りを開いたことから生まれた言葉です。そこから、ひとつの目的に心を傾ける気持ち、または目的をさがすような思いで、壁を見るこの額が誕生しました。

「桃栗三年柿八年 だるまは九年 俺は一生」という言葉を残したのは武者小路実篤。巨匠が一生かかるというのなら、凡凡凡人の私はどうしたらよいのでしょうか、、。うなだれ、壁など見れず、頭を抱える次第です。

ちょうど今の地に住み着いて9年。何かを成し得たわけでもなく、感慨深い思いだけが積もります。次の場所へ変わったら「一生」という言葉を、今度は刻みたいなと思いました。

   
Date : 2018.02.16 Friday
ポッケ・ファイル(作品) :: - :: -
つぼみ

椿250.JPG

今日は、久しぶりに穏やかな日差しの一日でした。長く続いた凍てつく寒さに、近所でも水道管の破損、水漏れ情報もちらほら。

ようやく春の兆しを感じるお陽さまが出ると、景色の中にお花の色が恋しくなります。家の中にもお花があるといいなと思い、しばらく雪と寒さでしていなかった散歩へ。すると、椿のつぼみも膨らみ始め、色もさしてきました。咲くにはまだまだといったところですが、嬉しい発見です。

この写真を撮っていると、山の斜面なので足をすべらせて、頭を木にゴツン!やっぱり足腰が弱っていました。。

うなだれて、雪のとけた地面も注意してみると、フキノトウもぷっくり顔を出していました。いろいろ待ち遠しいことが探してみるとあるものです。

  
Date : 2018.02.14 Wednesday
メモ :: - :: -
春じたく展 最終日

犬250.JPG

奈良ミルツルさんでの展示「初雪・ポッケの春じたく 展」無事、終了いたしました。最終日もたくさんのお客様、友人知人が駆けつけてくれて、大感謝です。在店できなかった日も、遠方からもお越しいただいていたり、メッセージを残してくれていたりと、本当にどうもありがとうございました!!

お世話になったミルツルさんもお忙しい中、展示にコラボ企画まで引き受けてくれて有り難い限りです。そんなミルツルさんは、来月3月15日放送のNHK「すてきにハンドメイド」にご出演されます。会期中にも撮影があったりと、ほんと多忙な日々ご尽力下さり、ありがとうございました。お疲れ出ませんように、、。

写真は、最終日にお客様の柴犬ハクさんと。おとなしくて毛並みも美しく、戌年のご利益をいただく愛らしさのひととき。ハクさんにも元気をもらって、金沢への移転を前に、多くの皆さまに背中を押していただくような、励ましと勇気をいただきました。

さてさて、次は後回しにしていた移転の準備に本腰を入れないと。いろいろ山積みすぎてパニック。手が震えます、、。

  
Date : 2018.02.13 Tuesday
メモ :: - :: -
ドルジー水晶

ドルジー250.JPG

鉱物はまだまだ未知の世界なので、勉強し甲斐があります。そんな鉱物の魅力に取りつかれつつ、今まではコレクションして眺めるだけの楽しみ方でした。でも、ただ置いておくのはもったいないと、思い切ってアクセサリーにも取り入れています。

写真は、ドルジー水晶を銀で留めてブローチにしました。石英の細かな結晶が集まってできたものをドルジーやドゥルージーなどと呼び、色や形状も様々な種類があるので、分類も難しいです。

左は、ざらめのような素朴な表情に惹かれます。右は、深い苔のような姿はしっとりとした魅力です。どちらも飽きることなく、ずっと眺めていたくなります。

これらを眺めていると、地中の結晶が出来上がるまで、どんな過程で、どれくらいの時間がかかったものなのか、果てしない世界を想像します。私たちも鈍いながらも結晶のように、想いをかたちにするには、まだまだ先が長く、諦めてはいけないなと気づかされます。


「初雪・ポッケ の 春じたく 展」
2018年2月2日(金)〜12日(月/祝) (4,5日は休み)
11:00〜18:00
Milleturu ミルツル
奈良市大和郡山市北郡山町130-3
tel 0743-52-4420

※2月12日(月/祝)は在店予定です。

  
Date : 2018.02.12 Monday
商品 :: - :: -
ウサギとネコ

ウサギとネコ250.JPG

木で作る動物の顔はこれまでクマ、ウサギ、ライオンと作ってきました。漆と卵殻を施したフクロウもいました。あっ、忘れていましたサルも。(でも、サルの顔の中心は銀でした。)

そのほとんどが首飾りとなり、木彫りでブローチになるのは、以外と少ない。そこで、シンプルに顔だけのブローチを作りたくなりました。しかも真正面を向いた顔です。身につけた人ではなく、出会った人と目が合うように。

ウサギはメイプルの木にアクリル塗装仕上げで。目は18金にガーネットの赤いお目目。ネコは黒檀の木で、目は18金にカラーチェンジガーネットを入れました。

真正面の動物の顔をじっと見ていると、人間のような親しみというか、性格もあるように感じます。絵本を開いたとき、言葉を投げかけてくるような。話し声が聞こえてきそうです。

言葉はないのに声が聞こえてきそうなのは、京都栂尾の高山寺、鳥獣人物戯画を思い浮かべます。しかも、これまで作ったどの動物も絵巻物に登場しているではありませんか。ウサギとカエルの印象が強かっただけに、オドロキです。そうとなると全動物・霊獣を制覇するのもありかも?ただ、27種類もいるとは、、果てしない。


「初雪・ポッケ の 春じたく 展」
2018年2月2日(金)〜12日(月/祝) (4,5日は休み)
11:00〜18:00
Milleturu ミルツル
奈良市大和郡山市北郡山町130-3
tel 0743-52-4420

※2月12日(月/祝)は在店予定です。

  
Date : 2018.02.11 Sunday
商品 :: - :: -
バラとオリーブの指環

バラ800.JPG

続けて指環をもうふたつ。今回は植物をモチーフとしたものを紹介します。

左は、バラの花をモチーフにボニュームのある指環にしました。指環の土台は銀で、10金のバラの花にサファイアが入っています。がっちりとした土台のかたちで、古代の印章のような雰囲気を残しつつ、穏やかさ、柔らかさを感じるように。

一輪のバラには強い意志を感じます。迷った時の励みとなるような、標となりますように。

もう一つは、オリーブの葉をモチーフに。10金のオリーブの葉っぱが伸び合わさったところに、ダイヤを入れています。

太陽の恵みをたくさん浴び、平和と充実の象徴と言われるオリーブ。月夜に、清清しい雫を集めたようなダイヤ。いつも何かや誰かを思う気持ちが、希望を導く力となると信じています。


「初雪・ポッケ の 春じたく 展」
2018年2月2日(金)〜12日(月/祝) (4,5日は休み)
11:00〜18:00
Milleturu ミルツル
奈良市大和郡山市北郡山町130-3
tel 0743-52-4420

※2月12日(月/祝)は在店予定です。

  
Date : 2018.02.10 Saturday
商品 :: - :: -
三角とブルートパーズの指環

指環350.JPG

最近、力を入れているのは指環。指環の存在ってやっぱり大きいような気がしています。

いつも身につけるひとにとっては、肌身離さずといった具合に、していないと落ち着かない身体の一部のような。また、いろいろ楽しむひとにとっては、自然と目のいくところであり、気分を変えるスイッチのような役割も。

写真左は、三角の山の中に、小さな三角や模様を連続して。はるか太古の時代から続くような形象に、希望への想いを重ねて。素材は10金です。

右の天然石の入ったものは、ブルートパーズです。石枠には、つぶつぶを添えて。簡潔なかたちだからこそ、真心を込めて、真摯に向き合うような想いが現れる気がします。素材は10金で、9号の一点のみとなります。

身につけるにしたがい、ひとつひとつの想い出と共に育ち、いとおしく、お守りのような存在となるもの。それが指環だと思います。


「初雪・ポッケ の 春じたく 展」
2018年2月2日(金)〜12日(月/祝) (4,5日は休み)
11:00〜18:00
Milleturu ミルツル
奈良市大和郡山市北郡山町130-3
tel 0743-52-4420

※2月12日(月/祝)は在店予定です。

  
Date : 2018.02.09 Friday
商品 :: - :: -
文房具

文房具350.JPG

新入学、新生活の準備もそろそろしなければ、という時期になりました。イトも新一年生となるので、いろいろ揃えるものがたくさん。文房具もそのひとつ。学校の規定もあるので、選択肢は限られますが、選ぶ楽しさは、いくつになっても変わらないものです。

写真は、その文房具モチーフのネクタイピンやブローチです。素材は銀で、今回新たに鉛筆と分度器が仲間に加わりました。

ネクタイピンもネクタイだけではなく、シャツに挟んだり、ストールを留めたりと、男性だけのものではなく幅広く使え、気に入っています。

勉強は苦手だったけれど、新しいノートで気合いを入れていたことを思い出します。シャーペンなどは、愛着のあるものを長く使ったりと、新しいものと手に馴染んだものとが、共存するのが文房具の面白さかも知れません。

何かを始める口実にしたものが、いつしか大切な想い出のものとなればいいですね。


「初雪・ポッケ の 春じたく 展」
2018年2月2日(金)〜12日(月/祝) (4,5日は休み)
11:00〜18:00
Milleturu ミルツル
奈良市大和郡山市北郡山町130-3
tel 0743-52-4420

※2月12日(月/祝)は在店予定です。

  
Date : 2018.02.08 Thursday
商品 :: - :: -
イチゴを摘む少女の首飾り

イチゴ350.JPG

カゴに摘んだイチゴを入れる女の子。摘んだばかりのイチゴを、おひとつどうぞと進めてくれます。瑞々しいイチゴをほおばると、気持ちまで若返るような元気をもらう気がします。

この小さな女の子は、身長7cmくらいで、メープルの木を彫刻し、色漆やアクリルで塗装してあります。目には18金の枠にブラックダイヤでクリクリお目目に。銀のカゴと手にカーネリアンのイチゴをのせて。

イチゴ狩りのシーズンも始まったころなのかな。昨年は春、愛知まで足を伸ばし、初めてイチゴ狩りを体験しました。お腹いっぱい食べる満足感というよりも、ハウスにずらっと並ぶイチゴ畑が壮観でした。ミツバチも飛んでおり、虫たちの役割にもいとおしさを感じました。

まだまだ大雪や氷点下の厳しい日が続きます。春の穏やかな陽ざし、ささやかな喜びを思い浮かべ、今しばらくの辛抱です。


「初雪・ポッケ の 春じたく 展」
2018年2月2日(金)〜12日(月/祝) (4,5日は休み)
11:00〜18:00
Milleturu ミルツル
奈良市大和郡山市北郡山町130-3
tel 0743-52-4420

※2月12日(月/祝)は在店予定です。

  
Date : 2018.02.07 Wednesday
商品 :: - :: -