クマのブローチ

クマ350.JPG

今回、新しいものもいくつか登場します。このクマのブローチもそのひとつ。これまでもクマをモチーフとしたものはいろいろ作ってきましたが、木でブローチとなるのは以外と初めてなのに気づきました。

ペンダントトップになることがほとんどで、一番最初は玉ころのように見えるちいさなクマの顔でした。次にダイヤを加えた大きな顔。そして全身の立っているクマさんシリーズへと。数が少ないけどシロクマも。

原点に戻るような気持ちで顔がいいなぁ、と思い立ってレリーフ状の顔半分くらいにしました。ウォルナットの木を彫刻し、大きさはタテ約3.5cm、ヨコ約3.8cm、金具を入れた厚みは3cmくらいです。目はブラックダイヤを18金の石枠で留めて。つぶらな瞳と目が合うようで、顔は真正面を向くのが好きです。

そろそろ冬眠からお目覚めしてくれるかしら。寝ぼけまなこをこすってお待ちしています。


「初雪・ポッケ の 春じたく 展」
2018年2月2日(金)〜12日(月/祝) (4,5日は休み)
11:00〜18:00
Milleturu ミルツル
奈良市大和郡山市北郡山町130-3
tel 0743-52-4420

※2月3日(土)、12日(月/祝)は在店予定です。

  
Date : 2018.01.30 Tuesday
商品 :: - :: -
願いましては

玉350.JPG

そろばんの珠のようなものをせっせと。思いついたらやらずにいられず、後になって慌てふためく始末です。まだまだ算段がつかない、行き当たりばったり作戦実行中です。その辺は、途中で挫折したそろばんと同じく、成長せずに止まったまんま…です。

パーツが徐々に仕上るにつれ、最終の組み立てをしないとリミットぎりぎりとなってきました。新作などは、組み立てたあとの調整が重要なのでなおさらです。

”計算をお願いします”という意味からきた「ねがいましては〜」のかけ声。「ごはさんで」は、零の状態にするということ。新しく始めるという気持ちに、そろばんの音がピシッと聞こえてきそうです。


「初雪・ポッケ の 春じたく 展」
2018年2月2日(金)〜12日(月/祝) (4,5日は休み)
11:00〜18:00
Milleturu ミルツル
奈良市大和郡山市北郡山町130-3
tel 0743-52-4420

※2月3日(土)、12日(月/祝)は在店予定です。

  
Date : 2018.01.28 Sunday
メモ :: - :: -
むふふな…

紐350.JPG

今度の展示で企んでいることがひとつ。準備も大詰めとなりました。そんな中、ミルツルさんから届いた紐たちです。

昨年末、展示に向けてあれこれ考え、コラボ作品が出来たらいいな、と思い切って相談したところ、快く引き受けてくれたミルツルさん。お忙しい中、本当にありがとうございました!!

急な難題にもかかわらず、布の扱い方や丁寧なこころ配りには頭が下がります。次は私たちの番です。ずっとかたちにしたいと思っていたことだけに歓びも気合いもひとしおです。

やり取りを重ね、悩む期間もありますが、想像以上のものへと高めて行ける仕事はとても楽しい。その分、期待に応えなければというプレッシャーも、もれなく付いてきます。信頼出来る相手だからこそ、その負担もいとわず向き合えるのだと思います。

さてさて、むふふなコラボ作品。どんなものになるかは、もうしばらくのお楽しみです。じらしてスミマセン。。


「初雪・ポッケ の 春じたく 展」
2018年2月2日(金)〜12日(月/祝) (4,5日は休み)
11:00〜18:00
Milleturu ミルツル
奈良市大和郡山市北郡山町130-3
tel 0743-52-4420

※2月3日(土)、12日(月/祝)は在店予定です。

  
Date : 2018.01.26 Friday
メモ :: - :: -
国境の…

展示3.JPG

有名な小説の書き出しに出てきそうなお天気が続いています。白い台の上に機関車を乗せるとそんな風景を思い浮かべます。

その川端康成の時代は、蒸気機関車はまだ現役だったはずですが、「雪国」の長いトンネルのモデルとされる上越線・清水トンネルは電動機関車が走っていたようです。勝手にSLのイメージになっていました。

偶然にも今、作業中に聴いているのは、坂本龍一の「鉄道員(ぽっぽや)」のサントラ。ピアノバージョンの曲は、音も吸い込むような雪の日によく合う気がします。この映画の汽車もSLではなくディーゼル機関車だったような。まっしろな雪の中、厳しい辛さを押しのけるように進むロマンと重ね、SLが頭に浮かんでしまうのかも知れません。

写真の汽車が運ぶものはコレクションの鉱石。人やものを運ぶ汽車は、一緒に想いや夢も積み、それぞれが小説の主人公なんだ、と思えるところに惹かれるのだと思います。そんな汽車に乗って旅に出掛けたいものです。


「初雪・ポッケ の 春じたく 展」
2018年2月2日(金)〜12日(月/祝) (4,5日は休み)
11:00〜18:00
Milleturu ミルツル
奈良市大和郡山市北郡山町130-3
tel 0743-52-4420

※2月3日(土)、12日(月/祝)は在店予定です。
※写真の汽車は出品していません。

  
Date : 2018.01.24 Wednesday
メモ :: - :: -
久々の…

展示350.JPG

昨日、我が家には珍しくお客さんが重なる日となりました。せっかくの機会なので、展示スペースに普段はあまり出さない作品たちを並べてみました。

こうして並べてみると、ひとつひとつ制作をするに至った経緯を思い出し、話下手でもそれを丁寧に説明し、伝えることも大切なのだと思いました。また、ものを囲んで話をしていると、ふつふつと作りたいという力も湧く気持ちになりました。お話の相手が尊敬する作り手だったから、というのも大きいです。力をいただく人と交わることも、ものすごく大切なことだと痛感です。

今まで繰り返して来たようなつもりのことですが、胸の奥底の乾いたところに水がしみ込むような気持ちです。前を見るためには、振り返ってみることもひとつだと思った日でした。

ミルツルさんでの展示へ向けて、もう一踏ん張りして行きたいと思います。

「初雪・ポッケ の 春じたく 展」
2018年2月2日(金)〜12日(月/祝) (4,5日は休み)
11:00〜18:00
Milleturu ミルツル
奈良市大和郡山市北郡山町130-3
tel 0743-52-4420   

  
Date : 2018.01.22 Monday
メモ :: - :: -
小鳥とクローバーと少女

小鳥350.JPG
右手に四つ葉のクローバー、左手には小鳥がやってきました。木彫の女の子の首飾りです。身長は7cmほど、メイプルの木に色漆とアクリルの彩色、目は18金の石枠にブラックダイヤを留めて黒い瞳に。四つ葉のクローバーは真鍮、小鳥は銀です。

小鳥が来てくれたらいいなと思い、鳥の巣箱を設置しているけれど、餌だけつまんでなかなか巣として使ってくれません。毎年、丸い穴の窓を出入りする姿を期待するのも、この時期からの楽しみのひとつとなり、春へと向かうワクワク感と重なります。

そして春になり、右手に四つ葉のクローバー、左手には小鳥がやってきたとき、なんだか嬉しい知らせが届く気がします。栗色の髪のこの少女を眺めながら、そんなことを思いました。


「初雪・ポッケ の 春じたく 展」
2018年2月2日(金)〜12日(月/祝) (4,5日は休み)
11:00〜18:00
Milleturu ミルツル
奈良市大和郡山市北郡山町130-3
tel 0743-52-4420

  
Date : 2018.01.20 Saturday
商品 :: - :: -
じょうろと少女

少女じょうろ350.JPG

手に銀のじょうろを持った女の子の首飾り。身長は7cmほどのこの子は、メイプルの木を彫刻し、色漆とアクリルで彩色してあります。目はブルーダイヤを18金の石枠で留めた青い瞳です。

春の待ち遠しいころ。じょうろの出番はまだ先ではありますが、今年はなにを植えようか、育てようか、無事芽が出てくれますように、と思いをめぐらせるのも、今の楽しみのひとつです。

土のなかで、木の内側でふつふつと力を蓄えている生きものたちを想像し、私たちも展示に、春に向かって準備を進めていきたいと思います。

「初雪・ポッケ の 春じたく 展」
2018年2月2日(金)〜12日(月/祝) (4,5日は休み)
11:00〜18:00
Milleturu ミルツル
奈良市大和郡山市北郡山町130-3
tel 0743-52-4420

  
Date : 2018.01.18 Thursday
商品 :: - :: -
奈良ミルツルさんで

ミルツル350.jpeg

来月、奈良のミルツルさんで行う展示会のタイトルは「初雪・ポッケの春じたく展」。そのDMのイラストが出来上がり、データが届きました。イラストはミルツルさんにイメージを拾っていただき、描いてもらいました。そして、それにはタイトルもついて。

”春じたく”

初春とは言っても、春はまだ遠く、思い描くにはまだ早い。今朝もイトを保育所に送る時、外気はマイナス6度だったし。でも、なにか新しいこと、新たな自分に向かっての準備を始めるには、ぴったりの時期かもしれない。移転を控えた私たちにとっても、そんな想いが重なります。ミルツルさんは、言葉足らずの私たちを代弁してDMにしてくれました。

「初雪・ポッケ の 春じたく 展」
2018年2月2日(金)〜12日(月/祝) (4,5日は休み)
11:00〜18:00
Milleturu ミルツル
奈良市大和郡山市北郡山町130-3
tel 0743-52-4420

DM郵送ご希望の方はCONTACTから→☆ご連絡いただければお送りします。

  
Date : 2018.01.12 Friday
展示会・イベント :: - :: -
とんどの…

とんど350.JPG

町内の隣組長をやっているので、来週のとんどに向けての準備をそそくさと。秋の終わりに刈っておいた茅を束ねて、杉丸太も割って焚きやすいように。

問題は竹の調達。川べりに群生していた竹薮も近年、鹿や猪に食べられたり、大雨時の大水も多くなって来たので、ずいぶん減ってきた様子。町内の人にお世話してもらい、まだ残っているところへ採りに行く予定となり、ひと安心です。でも、はやく採りに行って置いといても鹿に食べられてしまうので、とんどの前日に。

あと、縄がいるって言ってたな。組んだ竹の周りをぐるぐるっと巻けるくらい。なにかと準備がいるものです。

人の集まりも少なくなって来たので、昨年から3つの組が合同で行うことに。風習を伝え、残すことも大変ですが、ずっと続いて来たものだと思うと、ひとつひとつのことが愛おしく感じます。


  
Date : 2018.01.09 Tuesday
メモ :: - :: -
「冬の小さな動物園」

katakana.jpg

新年3日から始まる、東京 自由が丘のkatakanaさんで開催の合同展「冬の小さな動物園」に参加します。さまざまな作家さんたちの動物をモチーフとしたモノたちが一斉に集います。

また、同時開催で榊麻美植物研究所さんの盆栽もたくさん並びます。冬、おうちの中に緑があると明るく空間が活き活きする気がします。植物のわずかな変化で春を待つのもいいですね。

冬の小さな動物園と榊麻美植物研究所
1月3日(水)〜1月19日(金) 11:00〜20:00
(1月3日、4日 12:00〜18:00、1月5日 通常営業)
katakana 自由が丘店
東京都世田谷区奥沢5-20-21第一ワチビル1階

冬の小さな動物園の参加作家
下永久美子さん、野村亜土さん、UMESHISO工房さん、ま工房さん、橋谷 優さん、田路恭子さん、katachi-gurumiさん、初雪・ポッケ

新しい年のスタートに、お出かけしてワクワクするような楽しい気分を味わってもらえたら嬉しいです。

   
Date : 2018.01.02 Tuesday
展示会・イベント :: - :: -