cabinet ATELIER 期間限定shop 

DSC_0171 2.JPG

今日から5月末まで、cabinet ATELIER 期間限定shopが
ジェイアール名古屋タカシマヤにやってきます。
私たちも3月に期間限定のフェアで出品しています。

cabinet ATELIERのわくわくするセレクトはおしゃれを楽しみたい!
という気持ち、憧れがいっぱい詰まっています。
楽しいものたちで気分を高め、美しいものたちに背筋を伸ばして。
お洋服やファッション小物を是非見にいらして下さい。


cabinet ATELIER 期間限定shop
「初雪・ポッケ フェア」
3月9日(水)ー3月22日(火)

ジェイアール名古屋タカシマヤ
名古屋市中村区名駅1-1-4 4F特設会場

   
Date : 2016.02.24 Wednesday
展示会・イベント :: - :: -
松 帯留

メインビジュアル松.JPG

立春明けのめでたいスタートとなったヒナタノオトさんでの
新設コーナー。春を待つ季節にぴったりだと思い作りました。

雪降る景色をイメージして、エイ皮に漆塗りし研ぎ出したものを
背景に、10金で松を配置すると・・窓から眺めているような帯留と
なりました。

常に青々としている松は不老長寿の象徴、縁起のよいものとして
根づいています。冬の雪降る厳しい寒さのなか、ふと気づく松の
美しさに、はっとしてしまいます。


 み山には 松の雪だに 消えなくに みやこは野辺の 若菜つみけり
(古今和歌集 春歌上 よみ人しらず)

「山深いここでは松に積もった雪さえまだ消えないのに、都では野辺に
芽生えた若菜を摘んでいることよ」

まさに私たちが住んでいるような山里を歌っているかのよう。
家のまわりで数十センチある雪も、京都市内まで出るとまったく
雪の名残すらないぽかぽか陽気なことはよくある。

でもこの冬の趣を味わうのも今しばらく。春はすぐそばまで来て
いますね。


素材:10金、銀、エイ皮、漆
大きさ:直径 約32ミリ 


Date : 2016.02.10 Wednesday
商品 :: - :: -
大鉢の金継ぎ

DSC_0143.JPG

学生の時、和舟作りでお世話になった小清水漸先生の作品
「水浮器」に使う大鉢の金継ぎをお手伝いさせていただいた。

神戸のギャラリーヤマキファインアートさんから来月香港で
開催されるアートバーゼル香港16に出品する作品。
輸送の梱包等があるため、神戸に納品してきました。

幅70センチ×高さ50センチと普段扱うものとサイズ、重さとも
桁違いなので、運ぶだけでも一苦労。久々に全身を動かす作業と
なりました。とはいっても、金継ぎ部分はほんのちょっと。
ごくごく小さな細かい作業になりますが。

先生が信楽でこの大鉢を制作していたのは30年近く前。
今回男手3人で木枠に入れたこの大鉢をひとりで振り回して
いたかと思うと・・。

この「水浮器」が組まれ、大鉢に水が張られている緊張感と
対峙したいものだ。香港・・行きたいなぁ。

数年ぶりにお話もでき、近況は大阪で面白いことを企んでいる様子。
いやはや。止まらず進み続けるエネルギーをこちらももらった
気分となりました。


  
Date : 2016.02.09 Tuesday
作業 :: - :: -
布博 in 京都 vol.3

nunohaku_kyoto-のコピー.jpg

布博 in 京都 vol.3
2月6日(土)11:00〜17:00
2月7日(日)10:00〜16:00
入場料:¥500(小学生以下無料)
会場:京都市勧業館みやこめっせ3F第3展示場
(東西線「東山駅」1番出口より徒歩8分)

「布博」、それは情熱という衣を纏った布の作り手たちが集う舞台。
デザイナーたちが創りだす、テキスタイルや小物、洋服、刺繍、ボタン、
ブローチ、靴下……。 絶え間ない努力で紡ぎあげられた才能は、
より鮮やかなライトに照らされ、目映い輝きを放ちます。
虹色の輝きを放つ出展者たちと、それに惹かれる者が出会い語らう場所、それが布博です。



今回、会場も広くなりゆったり見れるといいな〜と思っています。
初雪・ポッケは「TAMAGOピンブローチ」「真鍮の動物ピンブローチ」
「真鍮の世界の人びとピンブローチ」で参加しています。
どうぞよろしくお願いします。

    
Date : 2016.02.04 Thursday
展示会・イベント :: - :: -
立春から

DSC_0123.JPG

東京日本橋のヒナタノオトさんで一年間
初雪・ポッケのコーナーを設けていただくことになりました。

スタートは季節の節目からがいいなと思っていましたが
2月4日の立春は定休日の木曜なので、5日(金)からになります。

呼び名をどうしようか定まらぬままの出発ですが、ご縁あっての
道連れにお付き合い下さりありがとうございます。
一年間、よき旅路となりますように。


昨年は a.Aの長南さんが担当した企画。しかも長南さんは毎月!
作品、ディスプレイの入れ替えもその月その月のイメージを
カタチにされ、さすがです!!

私たちは、偶数月の入れ替えなので2ヶ月ごとのペースとなります。
点数は10点ほどとなりますが、歳時記を感じてもらえるような
場にできるといいな。ゆっくりペースとはいえ、もう次をどう
しようか悩んでいる間に4月になっていそうです・・。

写真は今年の干支の「猿 ネックレス」。手には独楽をまわし
おめでたく縁起のよいものに。ウキウッキー春を迎える気分を。


5日からは、ちょうど Ohamaさんの革のバッグと革小物の受注会も
はじまります。私たちも愛用しているOhamaさんのバッグ。
使いやすくするための細やかなところに、革が馴染んで育って行く
姿を楽しめるところもお気に入りです〜。


  
Date : 2016.02.02 Tuesday
展示会・イベント :: - :: -