さわらび

DSC_0573.JPG

保育所でお散歩の時にイトが採って来てくれた蕨。
しっかりと食べられるほど結構な量なのでアク抜きして。
春の苦みも、山の中で一所懸命集めている姿を想像し
おいしい笑みとなって頬がゆるむ。

こういった自然との触れ合いに付き添ってくれる先生にも感謝だ。
アウトドアがへたれな私たちにとって地元の人たちは老若男女みな
先生となる。

今採れるこぶし状に巻いた新葉を早蕨(さわらび)というそうだ。
このくるっと巻いたさわらびを模した蕨手のデザインは
神輿・灯籠屋根などにも使われている好きな形だ。

くるくる愛くるしい渦巻く形は、これから成長し広がっていく力を
ぐっとため込んでいる。他のくるくるデザインにも興味がひろがる。
いろいろ身の回りを見てみようっと。

さぁて、私たちもうららかな自然の中から力をいただいて
ちぢこまった身体を伸ばす時がきた。


   
Date : 2015.04.25 Saturday
メモ :: - :: -
百年桜

DSC_0569.JPG

満開を迎えた黒田百年桜。朝晩ぐっと冷え込むので
ひらりひらりと散り始めてきた今も長くその姿を楽しめます。
これで締めくくりとなる京都の桜。
寒い冬をじっと耐えてきたからこそ、この華やかさは
山村を明るく照らすご褒美のよう。

散ってしまえば花の命の儚さをさびしくも感じるが
また一年後のこの時期になると心が弾む。
いろんな場面に残る印象の強さはやっぱり桜はピカイチだ。

4年前、この桜を眺めては、まだお腹の中にいたイトが
いつ生まれるかソワソワしていたのを思い出す。
そんな中、桜の人を惹きつけ魅了する姿に
名前に「桜」の字を入れるのもいいなぁと考えていた。

結局、最後の最後まで悩んだ末、今の名前に決めたので
使わなかったが。
それだけ毎年幸せを運んでくれるような魅力が桜にはある。

これから初々しい緑に覆われる木のたくましさを感じる季節。
もうすぐ4歳を迎えるわがまま王子の成長も楽しみだ。
そして、百年先のイトが桜を眺める春を迎えていることを願う。

  
Date : 2015.04.22 Wednesday
メモ :: - :: -
布博 in 京都

京都・布博サイト用バナー.png

布博 in 京都」のブローチ博に出品します。

4/18(土)11:00〜18:30
4/19(日)10:00〜16:30
入場料:¥400(小学生以下無料)
会場:元・立誠小学校
京都府京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町310-2
阪急電車「河原町駅」1番出口より徒歩3分
京阪電車「祇園四条駅」4番出口より徒歩5分

布博の布にまつわるもの、ブローチ博、靴下パーラーのほかにも
ワークショップやライブにトークと賑やかなイベント盛りだくさん!
関西のみなさま必見です。


   
Date : 2015.04.15 Wednesday
展示会・イベント :: - :: -
伊勢丹新宿店にて

RIMG0108.JPG

「SUPER RESIDENCE」展は、はや明日14日(火)最終日となります。
土日だけでしたが在店のため伊勢丹新宿店にお邪魔して来ました。

この春、フロアもリニューアルされた伊勢丹新宿店は
「CATCH the CREATION」をテーマに様々なイベントが
催されており店番をほっぽらかして、うろちょろしたいところを
ぐっとガマンガマン。

がまんした甲斐もあってか、お客様に多くの反応をいただき、
また、ご一緒の作家の皆さんや作品からも刺激をいっぱいもらった。
皆々様、ありがとうございました。


今回の伊勢丹のテーマにもある「CREATION」や「クリエイター」
という言葉はなーんだかこそばゆい感じがするし、
私たちが当てはまるとも思わないが、作ること生み出すことで
多くの影響を与えるモノやヒトに出会うとこころがざわざわする。
だから、そんなモノやヒトがきっと好きなんだなー。

これからも展示が続くが、洞窟の中をさまようかのように手探りだ。
けれど、振り返ってみると洞窟の全体像を描けるよう、今は右、左と
這いつくばって切り開かねばっ。
世界の洞窟の9割はまだ未発見だそうな。それに比べれば途方に
暮れることもない。なんてこたーない、先は明るい。

万人に受け入れられるようなモノではないけれど、
中にはざわざわっと響いてくれる人がいることを信じて歩む道も
細いながらもきっとあるはず。それが私たちの大道だ。
そうやって出来たモノたちの背後にあるものを育てていきたい。

何はともあれ、「SUPER RESIDENCE」展は明日まで。
伊勢丹新宿店本館5階=センターパーク/ザ・ステージ♯5
10:30〜20:00


   
Date : 2015.04.13 Monday
メモ :: - :: -