梅干し

DSC_0540.JPG

「おなかがいたいー」と日頃ふつうの便の時も同じことを言うイトだが
ちょっと様子がおかしいので、市内の小児科へ車を走らせた。

初めて受診する小児科だったけれど、ニコニコした親しみやすい
おじいさん先生にイトの反応も素直で助かった。
結果、インフルエンザの影にかくれて、おなかに来る風邪も
流行っているとのこと。

「ごちそう食べたらあかんよ。おかゆさんにしとき。」
そう先生に言われるがまま、帰ってすぐさまおかゆさんを炊く。
味気ないのもなんやと思い、梅干しをゴソゴソ引っぱり出した。

その梅干しの製造年は2004年となっていた。
おお、いつのまにやら10年ものだがいまだ現役。
いつもは平気だが、この時ばかりは余計に腹こわさんか心配になる。。

そう言えば、申年に漬ける梅干しは良いだかなんだか聞いたので
張り切って塩分しっかりと漬け込んだのだ。
翌年からは、やっぱり塩分控えめだとか、ちょっと甘めにしたりと試み
食べやすい「いいあんばい」のものから先になくなっていった。
そして、ここ数年、梅干し作りから遠のいていたので
このしょっぱい壷が残った。

昨日2月25日は、北野天満宮の梅花祭。
1500本の梅の木が見頃を迎えているようだ。
久しく天神さんの縁日に行っていないな。弘法さんも。骨董や古道具を
見ながらぶらりぶらりとしたいものだ。焼きもちでも食べながら。

山の梅の木はまだまだ蕾もかたいまま。でも春はもうすぐ。
そうだ。おにぎり握って出かけてみようか。もちろん梅干し入れて。
 

   
Date : 2015.02.26 Thursday
メモ :: - :: -
布博 at 町田パリオ

70b75381b26fd54f9210df0d406f0abf.png

本日より始まった「布博 at 町田パリオ」の「ブローチ博」に
ピンブローチを出品しています。

お時間ございましたら、是非お立ち寄り下さいませ。

2/20(金)11:00〜18:00
2/21(土)11:00〜19:00
2/22(日)11:00〜18:00
入場料:¥400(小学生以下無料)/会場:町田パリオ
東京都町田市森野1-15-13(JR・小田急線町田駅連絡通路直結)

詳しい情報はこちら → ☆


Date : 2015.02.20 Friday
展示会・イベント :: - :: -
コンパス

DSC_0524.JPG

「文房具の中では何が好きですか?」
と聞かれ、思い浮かべるのが、万年筆、ホッチキス、そしてコンパスだ。
ひとつ選ぶとなれば、うーん、コンパスに軍配があがるかな。

まず何と言っても造形の面白さ。
2本の脚があるところがヒトのようで人形遊びをしている感覚だ。
そして片方の脚を軸にくるっと回すとすーっときれいな丸が描け
まるで魔法を見ているかのよう。
これは太陽の周りをまわる惑星の軌道を描いている気分となり
何度もこの行為を繰り返してしまう始末。

その神聖な行為が行われる数学の時間、計算問題や文章問題は
苦手だったが、図形問題だけは根気よく解くことに夢中になれた。
出来る出来ないは置いといて。
特に円が出てくる図形。円の中に三角形が入っていたり線が交わったり
角度の合計が180度になったりと目で見てわかるから面白かった。

紙の上、平面に円を描くには、すでにいくつか持っているもので
何とかなるのだが、さて困ったことに、球面に描くとなると角度が合わず
とうとう自分で作ることとなった。
必要に迫られてなので、コンパス好きとは無関係なのだが。

真鍮板から脚となるかたちを切り出す。ややO脚気味に!
支点となる針とマジックをはさむクリップをロウ付けして
2本の脚を頭のほうでカシメて留めたら完成だ。

点をぐるりと回して繋がる円のように、モノを通して繋がり出来る
環というものを信じて手を動かしたいと願う。


    
Date : 2015.02.14 Saturday
メモ :: - :: -
お揃いの結婚指環

image.jpeg

制作させていただいた指環をはめられた時の写真をいただいた。

ちょうど納品の時、奥さまの予定が合わなかったので
ご主人にお渡したところ、サイズの具合をみるため迷ったものの
「やっぱり指環をはめるのは、ふたり一緒の時にします」と
おふたりで味わう瞬間を大切に思う気持ちに胸をうたれた。

写真からは、初めてお互いの手に指環を通すときの緊張のあと
ふたり共有するものがあることの安堵感が伝わってくる。

仕上った指環は、幅3ミリのプラチナ、鏡面仕上げ。
角の面を少しだけ取ったシンプルの極み。
これは私たちの普段、はめているものとお揃いの形で、金属の表情が
よくわかるよう、何でもない輪っかにしたかったから。
実際、使ううちに気になった角を少しだけ取って、馴染みよいよう手を
加えただけ。鏡のようだった表面も、今では落ち着いたつや消しだ。

打ち合わせの時、そんな私たちの指環を一目見て
「これがいい」と即決。
その根底にあるのは、ご主人が譲り受けたお父様の指環。
飾り気はなくとも存在感を宿す形に、古き良きでは
納まりきらない昭和の父の姿を見るようだった。

体の一部のように指環の意識がなくなるほど馴染んだころ
お互いの存在は、なくてはならない掛け替えのないものへ。
指環についた傷の分だけ、ふたりの時間があったということ。
あらためて共に歩むということ、大切さを習う。


  
Date : 2015.02.11 Wednesday
オーダーメイド :: - :: -
□ の結婚指環

DSC_0155_02.JPG

18金ホワイトゴールドの間に、正方形のような四角となるよう
18金イエローゴールドが入ったご結婚指環を作らせていただきました。

少し面を取ったシンプルな形ですが、さりげない色の変化が
アクセントとなり、ふとした時に見つめてしまう指環となりました。

はるばる岐阜は高山市から打ち合わせに来て下さったのは昨夏のこと。
関東で建築のお仕事をされていたご主人ですが、それをより活かすため
内装や家具のことをもっと学びたいと高山の木工学校へ。

先にある目指すべき場所に向かうための回り道という選択。
その飽くなき向上心とそれを支える奥さまの姿は、まさに二人三脚。
おふたりの足並みが揃ってないと進めない。

昨晩、氷点下まで冷えこむ夜の山道は、濃霧が出て
ヘッドライトの光も届かず前が見えない。
時折、ライトに照らされ光る鹿の目に細心の注意を払いながら
ゆっくりと走らせなければならない。もちろんハイビームで!

困難を見つけ、乗り越えるための光。
手を取り合うおふたりの指環の黄色い四角が、迷った時に
道を照らしてくれるものとなればと願う。
そして私たちも自分たちが今、立っている場所、進む道というものを
手探りだけではなく、しっかりと見つめなければと思う。


   
Date : 2015.02.07 Saturday
オーダーメイド :: - :: -
星祭

DSC_0509.JPG

節分の日、梅ヶ畑の平岡八幡宮の星祭火爐祭へ。
夕刻の神事のあと、紙人形(ひとがた)や古神札を焼く儀式が
行われました。

炎に入れた人形が高く舞い上がったときは、見守る人たちの
歓声も上がり、張りつめていた空気も何か良いことがありそうな
雰囲気に包まれました。

この平岡八幡宮は、春と秋に公開の「花の天井」絵で有名なところ。
私たちは昨秋に拝観し、描かれた江戸末期には珍しい葡萄や芥子も
入った44種の花は、日光に当たらない天井絵なので色鮮やか。

また境内には200種を超える椿が植えられているので
晩秋から春まで様々な表情を楽しめるようです。
なかでも「一水椿」と称される白玉椿は
「願い事をすると、白玉椿が一日で花を開き、願いが成就した」
という伝説も。

これから咲く、ぷっくりとしたつぼみの待ち姿に
願いを込めたくなる愛おしさを感じ、椿のイメージが変わりました。

澄んだ冬空の中、接待の甘酒をいただきながら迎える節目の日。
寒さにくじけていた今日までの自分に反省。
気分一新、膨らんだ想いとともに、仕切り直しです。


    
Date : 2015.02.04 Wednesday
メモ :: - :: -
「スークなアートフェス winter」

souk1502_witte.gif

いつもお世話になっているオンラインショップwitte.さん
期間限定ショップがうめだ阪急スークにやって来ます!
初雪・ポッケは今回、真鍮ピンブローチを出展しています。

:::

witte.にあつまるユニークな表現力をもったお洋服やアクセサリー、
雑貨たちはみなさまの暮らしに自由なよろこびを運んでくれますよ。
バレンタインデーのプレゼント探しにもおすすめです!
ぜひ、出会いにいらしてください。


「スークなアートフェス winter」
期間:2015年2月4日(水)〜2月10日(火)
日〜木:10:00〜20:00 金・土:10:00〜21:00 
(最終日は17:00まで)
会場:阪急うめだ本店10F うめだスーク 中央街区

出展作家(敬称略):
KURI BOTELLA
kakapo
Fool’s journey
wakana yamano
初雪・ポッケ
grasspool
matsuo ikuko
KROSETTE
NAMI KAWAKAMI
the teachers
PLAY-DECO

ゲスト作家:花背WARA

   
Date : 2015.02.01 Sunday
展示会・イベント :: - :: -