百年桜

DSC_0172 のコピー.JPG

快晴の中、町内のおじいさんが「今日は最高や」と太鼓判を
押すくらい、満開ご機嫌な黒田百年桜。

近年、夜桜で見ることが多かったためか、薄紅の可愛らしい印象が
強かったのですが、今年は紅の華やかさが目に飛び込んできます。
雨の日も少ないので、長くこの花の手鞠と香りを楽しめます。

DSC_0176 のコピー.JPG

百年桜と呼ばれていますが、実際の樹齢は350年ほど。
この一枝に一重と八重とが混じって咲く珍種の桜を
桜守で知られる佐野藤右衛門親子が苗作りに成功し、
大阪造幣局の通り抜け100周年の記念に、「黒田百年」と命名、
植樹されたため、この呼び名で親しまれるようになったそうです。

今では、京都の桜の締めくくりとして、遠方からも多くの方が
見に来られていますが、地元の人たちにとっては幼いころから
木登りして遊んだりが当たり前の、より身近な存在だったようです。

DSC_0187 のコピー.JPGDSC_0186 のコピー.JPG

朝摘みの蕨に栃餅、よもぎ餅の販売もこの時期ならでは。

DSC_0191 のコピー.JPG

保育所帰りのイトとゆったりとした夕暮れ時間に。
3年前のこの時期はまだお腹のなかでした。
  
  
Date : 2014.04.24 Thursday
メモ :: - :: -
あたごさんに

愛宕神社は、山城・丹波国境の愛宕山(標高924メートル)
山頂にあり、全国約900社の愛宕神社の総本社。

古くより比叡山と共に信仰を集め、火伏せ・防火に霊験のある神社として
知られ3歳までに参拝すると一生火事に遭わないと言われています。

息子もあと1ヶ月程で3歳となるため、思い切って
登りに行くことに。

登り口はいくつかあり、今回は表参道の清滝から。

車で清滝に行き、11時半頃出発で、駐車場が夕方5時までだったので
間に合うように少し時間を気にしつつ出発〜!

息子のペースに合わせ、おんぶ・歩く・休憩、おんぶ・歩く・休憩で
下りてくる人からは「おのぼりやす」と励まされながら
何とか到着出来ました。

DSC_0160.JPGDSC_0164.JPG

気温差が10℃あるため、少し肌寒さを感じながらも
登るごとに汗ばみ、程よい気持良さの気候でした。

下りは足がガクガク、膝が大笑いでしたが
無事、5時間位で帰ってこられました。


町内の隣組では毎月のように、宿と呼ぶ順番に当番となる家で
「あたんこー」と呼び親しまれる愛宕さんのお参りの儀式があるので、
よりいっそう身近な存在となりました。


   
Date : 2014.04.10 Thursday
メモ :: - :: -
「くらしものマルシェ」

300314a.jpg

「くらしものマルシェ」

日本橋三越本店本店屋上・チェルシーガーデン内
4月4日(金)〜6日(日)  10時〜18時

天候により中止の場合があります。
電話 03−3274−8935(直通)

〈出展者〉
ヒナタノオト・Ekoca・石川ゆみ・草舟・点と線模様製作所
kusakanmuri・RARI YOSHIO・tamayu
STORE・yohaku・Chappo・sette・つばめ工房
家風・黒田有里・すがのたかね(順不同 敬称略)


私たちの出展させていただくヒナタノオトさんのブースは
3ブースで、2ブースは日替わりで作家さんが登場します。

4日(金) TETOTE・*nako*
5日(土) 佐々木ひとみ・菅原博之
6日(日) 大野七実・nomama

そして、もう1ブースは「ヒナタノオトセレクション」
布 / いわもとあきこ・248
アクセサリー / 世良順・初雪ポッケ
絵 / 大野八生
猫人形 / 松本浩子
革 / Ohama  (順不同 敬称略)


こちらのイベント終了後4/7〜19まで引き続き
ヒナタノオトさんの店舗でも置いていただきます。

日本橋三越本店と、ヒナタノオトゆっくり歩いても10分程、
是非併せて行かれてください!→

     
Date : 2014.04.03 Thursday
展示会・イベント :: - :: -