DOORs

100101 127.jpg

いつもたくさんの反応とお声をいただくドアたち。
ディスプレイ用に制作したので、強度面に不安があり
まだ商品化していないのですが、私たちも気に入っているので
いずれは!と思っています。
楽しみにしていてください。



小さいころから親しみがあるのはドアよりも引き戸。

両手がふさがっている時に足で開けたらよく叱られた。
ドアではすき間が開いてないとドアノブを回さないと
いけないので、そんな行儀悪さが身につかないかもしれない。
飼っていた猫もカリカリ器用に戸を開けて
出入りしていたのも懐かしい。

悪いことをした時にお仕置きで土蔵に入れられた。
暗くて、ひんやりして夜じゃなくても怖がりな私には
ひとりでは苦手な場所だった。
父に投げるように放り込まれて、土蔵の引き戸が
ガラガラガラガラー、ガシャン。
からくりの鍵が閉まる音が響く。
(よく出来たもので自動ロックがかかるんです。)
あけ方をわかっていたはずですが、動転してか
外からつっかえ棒がしてあったのか開きませんでした。

散々泣いて、鼻水たらして「もうしませんっ」と叫んだりしても、
出してもらえなかった時(長期戦)には、母がおにぎりを持って
来てくれたっけ。
あれ、おにぎりは外に投げだされた時だったかなぁ。
その時は雨戸をバシャン。
(何をしでかしたのかよく憶えていないので、
反省しているんだかどうだか…)


ドア、戸、扉にはまったく違う世界をつなげる役割がある。
何もない空間にドアが出来ると、入り口と出口、
あちらとこちら、過去と未来、いろんな想像が浮かび上がる。
みなさんのドアの向こうにはどんな世界が広がっていますか?

私たちのつくったものたちも
そんな広がる世界をつなげるお役に立てれば嬉しいです。

暗い土蔵の中での想像はもうコリゴリですけど。




         
Date : 2010.10.29 Friday
メモ :: - :: -
トタンの引き出し

今から2週間ほど前、初めての野外展示に向けて
作品、ディスプレイ以外に何が必要なのか考えていました。

買ってくださったお客様に箱を選んでいただいて・・・
紙袋に入れて・・・お会計をして・・・
おっとマスキングははさみで切ってと。
あぁ、ルームプレートのブローチの場合は布袋だ…

会場での流れをイメージして、
あれが入るこれも入ると後で焦るよりもいいかと
持っていくものがこまごま増えたものの、
さてそれらをどうしまっておこうかなぁ?

「工房からの風」では、展示以外の荷物が
無様に見えないようにと主催者側から注意がなされて
いるので(ダンボールのままも駄目)
布で覆うなどの出展者の配慮が必要だと聞いていました。
(野外展だからといってラフな印象にならず、
見る側の視点で、展示や作品に集中できるのも
こうしたこころ配りがあって、全体のイメージが
家に帰った後でも良く残るんだろうなぁ。)


で、時間もなく、車(軽ジムニー)に詰め込めるものじゃないと
いけないわけで、作業場のコンパネの棚に新たに
引き出しを付けることに。

100101 204.jpg
実家の納屋にあったトタンを金切り鋏で切って。
のりしろを残すのを忘れずに。

100101 199.jpg
タガネで曲げやすいようにスジをつけて。


100101 208.jpg
曲げて、叩いて、角はのりしろで残したところを釘でかしめて。
出来上がりー。

100101 198.jpg
コンパネの棚にもぴったり収まりました。




このトタンは何かに使えるかなと持って帰ってきたもの。
納屋でトタンは埃をかぶっていました。
祖父や父は、それで箕をつくったり、道具などを修理したりと
してたんだなぁと作業しながら思いました。
残されたものしか今はみることが出来ず、よく見ると
これも作ったものなんだと驚くものもあります。

ものを通じて伝えられることがあるんだなぁ。


       
Date : 2010.10.26 Tuesday
メモ :: - :: -
ハガキのリレー

100101.jpg

昨日、「工房からの風」の余韻がハガキとともに届きました。

なんと楽しい企画! ハガキのリレー

当日感じたことそのままの気持ちが、
時間差で手もとに届き、再び日常に新鮮な風を
吹き込んでくれました。

お客様と出展作家+スタッフが参加した260枚の
ハガキをシャッフルするため、どこに誰のが届くかは
ドキドキのお楽しみ。
切手・スタンプもかわいいですよ。

私たちのもとには、
工房からの風の黄色いTシャツをプリントされた
BOOTS&STICKSさん
黄色いTシャツのスタッフさんの親切な声かけ、
爽やかに身にしみたのが蘇ります。

もう一枚は会場で見つけたお気に入りの作家さんたちのものを
かわいいイラストで描いてくださった人のが届きましたよー。

偶然にもそのイラストには私たちのライオンが
描いてありました! ガウォ〜!!

このハガキ、paper work golaa::gotaaさん
丹精込めて漉いた紙。描く時、緊張してしまい
もっとすらすら紙を楽しむように描けるようになりたい…

私たちが描いたハガキは誰のもとに届いたかなぁ。

キーワードは「楽器」と「旅」です。


    
Date : 2010.10.24 Sunday
メモ :: - :: -
風に包まれて

「工房からの風 craft in action」
ついに終わってしまいました。

100101 002.jpg

ずーっと気になっていた雨マークも消え、
気持ちのよい秋空の2日間。
初めての野外展、ほんとうに沢山の来場者にびっくりしました。
嬉しくて嬉しくて、でもどうしていいかわからないまま時間が過ぎ、
ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

皆さま、ほんとうにありがとうございました!!

100101 053.jpg
100101 003.jpg

興奮も少しずつ落ち着き、荷物をほどいていると
思い出すことも多く寂しくなっています。

工房からの風に向けて過ごした半年間。
ミーティングも4月、8月と2回あり、それらに参加したり
企画とのやり取りをしているうちにどんどんこのイベントが
大好きになっていったんだなぁと実感しています。

当日の朝、搬入で会場に入るとテントが立ち並び
出展者、スタッフがきびきび動き回っている様子を見て、
春に初めてここを訪れた時よりもはるかに広く奥行きを感じ、
改めて場所の力、包み込んでくれる懐の深さを感じました。
私たちも受け入れられたような気がして自信を持って
展示に入ることが出来ました。

私たちの展示場所は、「手仕事の庭」藍の花壇の前。
赤くかわいい藍の花が咲きほこるのが常に目に入り、
私たちの展示に力を与えてくれました。
お客様にも楽しんでもらえて、この場所は忘れられないところと
なりました。

100101 023.jpg100101 033.jpg

展示中、私たちの作品をほとんどの方が初めて目にされたと
思うのですが、皆さまの感想をお聞き出来、これからの励みと
なりました。ほんとうの意味でのactionは今から始まると
思います。今後とも楽しみにしていてくださいね。

全国から集まった作り手の仲間とも同じメンバーで
もう集まることはないので、帰り際の名残惜しさは
ちょっと尾をひきました。この出会いに感謝です。
またどこかで再会するときが楽しみですね。

そして、「工房からの風」を支えてくださった
企画の稲垣さん、本間さん、宇佐美さん、
作り手の立場でサポートしてくださったオブザーバーの皆さん、
庭の恵みを届けてくださった庭人の皆さま、スタッフの皆さま、
ほんとうにお世話になりありがとうございました!!

100101 027.jpg

改めて来場者の皆さま、
気に入ってお求めくださった皆さま、
本当にどうもありがとうございました!!!
心から感謝の気持ちを込めて…

100101 013.jpg

ではまた会う日まで!

L O 后。


    
Date : 2010.10.19 Tuesday
展示会・イベント :: - :: -
action

制作と荷造りを終え、いよいよ明日出発します。

「工房からの風 craft in action」

お天気に恵まれることを祈りつつ、
どんな出会いが生まれるか楽しみです。

皆さま笑顔でお会いしましょう!


100101 264.jpg

「ルームプレートのブローチ」
素材:真鍮 or 銅

¥2,000〜4,000(税込)


  


Date : 2010.10.14 Thursday
展示会・イベント :: - :: -
「フレミング の 左手」

100101 262.jpg

『フレミング の 左手』
素材:紫檀、銀、真鍮、バロックパール

「FLEMING'S LEFT HAND RULE」の刻印。

手からぶらさがっているプレートには
「THUMB(親指)」−「THRUST(推力)」
「FIRST(人差し指)」−「FIELD(磁界)」
「SECOND(中指)」−「CURRENT(電流)」
の刻印が入っています。

¥ 30,000 (税込 ¥ 31,500)



Date : 2010.10.13 Wednesday
商品 :: - :: -
「ブロッコリー」

100101 259.jpg

「ブロッコリー」のネックレス
素材:チーク、銀、真鍮、バロックパール

この〜木なんの木 気になる気になる♪



Date : 2010.10.13 Wednesday
商品 :: - :: -
「虫かご」 と 「磁石」

100101 253.jpg

「虫かご」のネックレス
素材:銀、アメジスト、キュービック

¥15.000+税

キラキラの宝石を閉じ込めて。


100101 258.jpg

「磁石」のネックレス
素材:(左)銀、銅、ブルートパーズ、シトリン
   (右)銀、銅、ぺリドット、アメジスト

各¥15.000+税

惹きつける力全開!!


   
Date : 2010.10.12 Tuesday
商品 :: - :: -
平城からの贈りもの展

100101 162.jpg

「平城(なら)からの贈りもの展」
10月15日(金)から11月3日(水・祝)

710年平城京、シルクロードの終着点
古来から日本にあったものと、新しい文化とが交じり合い、
日本独特のカタチがつくられました

平城遷都から1300年
古の都に想いを馳せて
粋更kisaraとのお付き合いのある方々に
粋更kisaraのためにものづくりをしていただきました
ここでしか出会えないもの、ぜひご堪能ください
(DMより)

赤木明登 スソアキコ 津田清和 nadell 西川聡 nuri
野村レイ子 初雪・ポッケ 矢口加奈子 輪島キリモト・桐本木工所
(五十音順・敬称略)

粋更kisara 
表参道ヒルズ店(東京)、梅田ハービスENT店(大阪)、
玉川高島屋S.C店(東京)

詳細はホームページまで→こちら


100101 169.jpg

「鹿のピンバッチ」
素材:銀、金具は洋白、真鍮にニッケルメッキ
大きさ:14mm

平城からの贈りもの展にあわせて制作しました。
ちょっととぼけた顔の鹿。角は植物のように。

¥4.500(税込¥4.725)

粋更kisara限定のこちらの商品のみの参加になります。

100101 171.jpg

ピンの長さに余裕があるので厚手のジャケットやコートにも
着けやすくなっています。薄手の生地に着ける時は
付属のフェルトなどを裏に挟んでもらうと安定します。


       
Date : 2010.10.11 Monday
展示会・イベント :: - :: -
「りんご」のくびかざり

100101 252.jpg
「りんご の ネックレス」
素材:左はかりんの木、右は紫檀の木、銀、真鍮。
ちょっとの違いですが、お好きなほうを。

¥13,000+税


100101 250.jpg
「りんご と 本」
素材:紫檀の木、銀、真鍮。

¥16,000+税

100101 251.jpg
蜂と「COLLECT HONEY」の刻印。



100101 249.jpg
「ニュートン の りんご」 ※ 現在、受注できません ※
素材:紫檀の木、ヒスイ、銀、真鍮。
木とヒスイと銀のりんごが実っています。
矢に「HIT THE TARGET !」の刻印。

¥23,000+税


Date : 2010.10.09 Saturday
商品 :: - :: -