おくどさん

おくどさん250.JPG

今日は桃の節句。とは言え、作りたいと思うものの、なかなか手がまわらず、お雛さんはまだありません。替わりに、とは何ですが、おくどさんを出して見ました。

お雛さん用に作ったものではありませんが、お釜の蓋に「祝」の字を焼き入れてあるので、ハレの気分にはしっくりくる気がします。

かまど部分は、漆の変わり塗りで石目塗りという技法があり、それを応用して仕上げました。お釜は銅で作り、中には相良縫いでごはん粒を。真ん中のお釜は、お赤飯です。薪は木の化石、珪化木を入れてみました。

お腹いっぱいごはんを食べられますように。おくどさんのまわりに包まれる、幸せを願う気持ちを大切にしたいものです。


○instagram
○facebook
  
Date : 2018.03.03 Saturday
ポッケ・ファイル(作品) :: - :: -
面壁九年

額250.JPG

額のようなこの作品。実際はフレームだけで、中には何も飾ることは出来ません。窓のように向こうの景色を切り取ってみる作品です。

四隅に入れた文字は「面壁九年」。達磨大師が少林寺に籠り、壁に向かって座禅を9年も組み続け、悟りを開いたことから生まれた言葉です。そこから、ひとつの目的に心を傾ける気持ち、または目的をさがすような思いで、壁を見るこの額が誕生しました。

「桃栗三年柿八年 だるまは九年 俺は一生」という言葉を残したのは武者小路実篤。巨匠が一生かかるというのなら、凡凡凡人の私はどうしたらよいのでしょうか、、。うなだれ、壁など見れず、頭を抱える次第です。

ちょうど今の地に住み着いて9年。何かを成し得たわけでもなく、感慨深い思いだけが積もります。次の場所へ変わったら「一生」という言葉を、今度は刻みたいなと思いました。

   
Date : 2018.02.16 Friday
ポッケ・ファイル(作品) :: - :: -
キツネ

DSC_0752.JPG
DSC_0754.JPG

キツネの歩む先には何があるのだろうか
問いの答えを探すかのように地上の海を漂う舟

かわたれの霧に包まれたなか
耳を澄ましてゆっくりと歩を進める

イバラがあり 岩があり 行く手を塞ごうと
意志のあるところに道ができる


素材:ブロンズ、桜、シルバー(割れ止めのかすがいに使用)
大きさ:幅 約283ミリ、奥行 約122ミリ、高さ 約130ミリ


  
Date : 2015.09.13 Sunday
ポッケ・ファイル(作品) :: - :: -
銅製花器 モンゴル

DSC_0783.JPG
DSC_0782.JPG

銅の板を鍛造して花器に。
外側にぐるっとちりばめた絵柄は蹴り彫りで入れて緑青を
ふかせて仕上げました。

彫った絵柄はモンゴルにちなんだ動物や文様。
モンゴルアルタイ山脈、馬に乗った鷹匠、イヌワシ、ラクダ
ウサギ、イワシャコ(キジ科の鳥)、シャモア(カモシカのような)、
ハタリスが描かれたいます。
花器の口も叩いて自然にできた線を活かして山脈のように。

底には「WHERE THERE'S A WILL,THERE'S A WAY」
(意志のあるところには道がある)の文字が刻まれています。


モンゴルに馴染みがあるわけではありませんが
「かはたれ」のイメージとシンクロするものがあり作りました。
それまでモンゴルといえば大相撲が思い浮かぶくらい。

大相撲で活躍のモンゴル出身力士たちの姿には
狭い土俵の向こう側に遥か遠いモンゴルの景色が
広がっている気がします。
背負う故郷の大きさも強さの秘密なのかもしれない。

厳しくも雄大な自然は想像を絶するものだと思う。
その中で暮らす遊牧民の眼差しに映るものは何だろう。
それらに想いを馳せ、強くも、おおらかな心持ちでいたいものです。

素材:銅
大きさ:高さ 約19.5センチ、直径 約15.5センチ


   
Date : 2015.09.12 Saturday
ポッケ・ファイル(作品) :: - :: -
深呼吸する女性像

DSC_0747.JPG
DSC_0757.JPG

今回、ヒナタノオトでの作品展「 かはたれ 」では
アクセサリーの展示とともに立体作品も数点出品しています。
これまで私物やディスプレイとして立体作品を制作することは
ありましたが、お求めいただける形としては初めてとなります。

ふたりで制作活動をはじめて、この冬ちょうど10年を迎えます。
始めたてのころ、立体作品を制作する機会があり、ともに作業を
やり取りする中で、お互いを刺激し、それがアクセサリー制作に
反映される醍醐味を味わいました。

しばらく挑戦することを尻込みしていましたが、
かはたれどきの中、深呼吸する気持ちで制作しました。
目の前に新たな道が開けることを願って。


素材:ブロンズ、チーク
大きさ:高さ 約265ミリ、幅 約52ミリ、奥行 約52ミリ

「WHERE THERE IS A WILL,THERE IS A WAY.」
(意志のあるところには道がある)の文字が木に刻まれています。




展示は 9月13日(日)まで!

初雪・ポッケ作品展  - かはたれ -
2015/9/4(金)~13(日)会期中 火曜・木曜休み/最終日16時まで
12:00〜19:00(土日18:00まで)

ヒナタノオト
東京都中央区日本橋小舟町7-13 セントラルビル1階
03-5649-8048


  
Date : 2015.09.09 Wednesday
ポッケ・ファイル(作品) :: - :: -
ポッケ・ファイル No.8 兜

100101 014.jpg

息子の初節句にと制作していた兜が完成!

素材:銀、銅、真鍮、赤銅、漆、乾漆粉、
   蝶貝、麻布、鹿角、綿糸、卵殻

100101 018.jpg

銀板を打ち出した、みみずく。
庇には卵殻を貼り、吹返には雪模様。

100101 010.jpg100101 017.jpg

8本のラインは細かい蝶貝を並べています。

100101 020.jpg100101.jpg

忍の緒を即席の組紐台で制作。
邪気を祓う菖蒲カラーをチョイス。


健やかな成長を願って。


       
Date : 2012.05.04 Friday
ポッケ・ファイル(作品) :: - :: -
ポッケ・ファイル No.7  クマのスプーン

100101 057.jpg

『 クマ の スプーン 』

素材:樫の木、拭き漆仕上げ

サイズ:約85×40×18mm

クマも立っていますが、スプーン自体も自立できます。
存分にハチミツをすくってやりたいところですが、
どうしても立たせたかったため、実用には不向き。

100101 058.jpg

なので・・・イトの離乳食にも使いにくく
もっぱら噛み噛みおもちゃとなってしまった。

クマさん、かんにんなぁ。


       
Date : 2012.02.26 Sunday
ポッケ・ファイル(作品) :: - :: -
ポッケ・ファイル No.6  靴

100101 052.jpg

『 靴 の 小箱 』

素材:栃の木、貝

サイズ:約55×40×25mm

お気に入りの写真をいれて。


100101 053.jpg

『 靴 の ペンダントトップ 』

素材:かりん、貝、真鍮、銀箔

サイズ:約50×17×17mm


「 LUCK IS COMING MY WAY.」

Date : 2012.02.17 Friday
ポッケ・ファイル(作品) :: - :: -
ポッケ・ファイル No.5 ビスケット

100101 042.jpg

「 ビスケット 」

素材:栃の木
サイズ:縦約5cm、横約6cm、厚み約1.2cm

浅い箱状になっていて、
木琴のブローチがぴったりちょうど。


100101 043.jpg


     
Date : 2011.02.14 Monday
ポッケ・ファイル(作品) :: - :: -
ポッケ・ファイル No.4 葡萄

100101 005.jpg

「葡萄」
素材は、実の部分は珊瑚、枝は銅、実のおしりのぽっちに銀。


100101 003.jpg

材料の珊瑚を削っていると、中がスカスカしていました。
それがかえって良い表情に。
木の年輪のような模様が現れました。

枝の部分は、銅線をロウ付けして作り
薬品で緑青をふかしています。


7粒の葡萄。

今までやってきたこと、想い、そしてこれからの
出会いが結びつき、実となりますように…

(葡萄の枝のところに、数字の7がかくれています。
写真ではちょっとわかり難くてすみません。。)


    
Date : 2010.09.21 Tuesday
ポッケ・ファイル(作品) :: - :: -