今年の初雪

DSC_0033.JPG

昨日、芹生の山に入っていた木こりの友人が「1cm積もっとった」と言いました。ここも言うてる間やなぁと思っていたら今朝、みぞれまじりの雪がうっすら家のまわりの景色を変えました。

まだ紅葉も残る山々だけれども、雪が冠ると一気に季節が進むように感じます。ながいながい冬の山暮らしではありますが、目に見えて移ろう景色が楽しめるのは贅沢なこと。いろいろな想い出とともによみがえります。

でも、ここで初雪を見るのは今年が最後となりました。来年はどんな風景の初雪となることでしょうか。

新しいはじまりを祝う雪となりますように。


   
Date : 2017.11.21 Tuesday
メモ :: - :: -
小さな収穫祭、お礼。

DSC_0031.JPG

「小さな収穫祭」無事終了いたしました。
たくさんのご来場、本当にありがとうございました。
実りの秋を肌で味わうことが出来た2日間となり、感謝の気持ちで満たされる思いです。

イトも子供たちと一緒に一日中、外で遊びまわったのでテレビで「シン・ゴジラ」を観ると言ってましたが、一瞬で夢の中へ。お相手して下さった皆様に感謝感謝です。

出展者の皆様、主催の山の家具工房の田路ご夫妻にはお世話になりっぱなしでしたが、楽しい場所、時間つくりにご尽力くださり、ありがとうございました!! 皆様お疲れが出ませんように。


  
Date : 2017.11.13 Monday
メモ :: - :: -
小さな収穫祭、初日。

DSC_0024 2.JPG

京北の「山の家具工房」さんでのイベント「小さな収穫祭」がはじまりました。今日と明日の2日間のイベントですが、仲間が集まり ”食” と ”ものづくり” の収穫をお祝いする催しです。

今日は、時おり小雨もパラパラとなりましたが、青空も顔を出してくれました。ご近所さんも遠方のお客さまも集まり、賑やかな秋の里山風景でした。

子供たちはヤギさんに夢中となり、大人は野菜に、ピザやパンに、薪ストーブのあたたかな室内では家具や漆のうつわのある空間でほっこりなひとときです。

明日も10時よりオープンです。
晩秋へ向かう色鮮やかな京北山国でお持ちしております。


「小さな収穫祭」

2017年11月11日(土)・12日(日)
10:00〜17:00

山の家具工房
〒601-0321
京都市右京区京北塔町宮の前58
tel&fax 075−853-7039

出展者:
天土オルガニカ(野菜)
初雪・ポッケ 浅野英雄・眞左子(木・金属)
工房ごだい 川勝五大(漆)・穀雨舎 川勝ユキ(パン・ベーグル)
Pizzeria L’AMATA SPOSA(ピザ)
山の家具工房(木)
(敬称略・順不同)

初雪・ポッケは、室内でアクセサリーの販売とミニワークショップをやっています。
おなかも満たし、手も動かす、肌で感じる秋のピクニック!是非お越し下さい〜!!


  
Date : 2017.11.11 Saturday
メモ :: - :: -
風50+

DSC_0020 のコピー.JPG

今週末、千葉県市川市で開催される「工房からの風」
今年で第15回展を迎えます。
その節目の企画に図録「風50+」が生まれました。

これまでの出展経験者51名(組)の作品とそれぞれの
幸福な時間について語られた文章が載っています。
私たち初雪・ポッケも載せて頂きました。

とても美しい構成の図録に、たくさんの想いが詰まった一冊です。
当日会場にて税込1,000円にて販売されていますので、
是非ご覧いただければ幸いです。

2017/10/14(sat)-15(sun) 10:00-16:30
千葉県市川市鬼高1-1-1
ニッケコルトンプラザ屋外会場

  
Date : 2017.10.12 Thursday
メモ :: - :: -
秋空のOPEN STUDIO

DSC_0018 2.JPG

OPEN STUDIO 2日目の朝です。
こおろぎの声に季節がまた進んだなぁとしみじみ布団から出ました。
今日も秋空ひろがる京北黒田の里山でゆったりとOPENします。


OPEN STUDIOの時であれば予約なしでもご自由にお越し下さい。
通常商品の販売と受注を受け付けています。

初雪・ポッケOPEN STUDIO
9月30日、10月1日
13:00〜17:00

京都市右京区京北宮町日吉27


他の日でも事前にご予約いただければ商品をお見せ出来ますのでお気軽にお問い合わせください。


 
Date : 2017.10.01 Sunday
メモ :: - :: -
この頃は・・

DSC_1339.JPG

からげ線(ロウ付け時動かないように固定する針金)
丁寧にグルグル巻き。結果はうまくいきました!

10月はオーダー品を丁寧に仕上げていけたらと思います。
大変お待たせして申し訳ないです。

移転準備のためイベントなどの予定は少ないですが、商品の受注やご結婚指環の制作などは引き続きお受けしています。

どうぞよろしくお願いします。

     
Date : 2017.09.22 Friday
メモ :: - :: -
暑中お見舞い申し上げます

DSC_1222.JPG

暑中お見舞い申しあげます。暑い日が続きますが夏バテされていませんか。京都に住んでいながらなかなか行けていない祇園祭、明日は宵山。すこし観光してみようと思います。

最近展示の予定は少ないですが、受注品を順番に制作しています。お待たせしていますが少しずつ進行していますのでどうぞよろしくお願いします。

倉敷意匠「猫の肖像」のブローチが在庫切れになっていたのですが追加納品しました。妊婦さんシリーズも販売中です。こちら→☆

次回の予定は8月9〜15日三越伊勢丹新宿店の「新宿乙女雑貨店」というイベントにブローチのセレクトで参加しています。こちらは改めてお知らせします。


写真はご結婚指用のBOXにトレードマークのクマを手描きしているところです。お客様のご要望で描き始めたのですが楽しくなってきました。  

 
Date : 2017.07.15 Saturday
メモ :: - :: -
kumagusuku market 始まりました。

DSC_1183.JPG

間口が狭く奥に長く広がる鰻の寝床空間は、中の様子がわからない分、余計に気になるし、チラッとでも見えようものならなおさら気になる。そして勝手におもての表情とのギャップを想像するとワクワク感も高まる。

kumagusukuはまさにその期待を裏切らないスペースです。柱や土間など建物のいたるところに細かな細工が施してあり、これまでの痕跡を残しつつ、新たな時間を積み重ねて現れる変化にも楽しみが広がります。
宿泊施設でもあるので、泊まるとまたいろんな発見に期待も膨らみ、京都で暮らしているような身近な目線で京都を満喫出来そうです。

marketは中に入ると現れる中庭、壁を抜いた半屋外空間で行われています。明るく風の抜ける気持ちよさは、今の季節にピッタリです。明日、明後日もお天気に恵まれそうなので、お近くにお越しの際は是非、お立ち寄り下さい。



「kumagusuku market」
6/2(FRI)3(STA)4(SUN)
11〜21時

KYOTO ART HOSTEL kumagusuku
〒604-8805 京都市中京区壬生馬場町37-3


“kumagusuku” とご近所さんの“喫茶店uzuビバレッヂ”にて同日にマーケットが開催されます。

初雪・ポッケは「kumagusuku market」にて真鍮のピンブローチを販売いたします。


   
Date : 2017.06.02 Friday
メモ :: - :: -
La palette atlierさんへ

DSC_1090.JPG

籠作家kegoyaさんとの2人展「森の中から…」の初日、愛知県蒲郡市の
La palette atlierさんへお邪魔して来ました。もとは木材倉庫だったというお店は、大きな窓で明るく、吹き抜けもあって心地よい開放感。この”居心地のいい”というのは、ちょっとした倉庫の痕跡が残っているから醸し出して来るんだろうなと、建物にもついつい興味がいってしまいます。もちろん店内の洋服や器、小物たちがあってこそ。そのセレクトにも目がひかれます。そこへもってkegoyaさんの籠。実際に使っている姿を想像する時間がまた楽しい。隣接したcafe、on the tableでお茶とともに余韻にひたる時間もよいものです。

26日(水)まで。

「森の中から...」
kegoya + 初雪・ポッケ
2017. 4. 21(金) ~ 2017. 4. 26(水)

La palette atlier + on the table
愛知県蒲郡市神明町 18-14
0533-68-8745


  
Date : 2017.04.23 Sunday
メモ :: - :: -
「工房からの風から」展を終えて

RIMG0021.JPG

新宿伊勢丹での「工房からの風から」展、無事終了いたしました。お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。じっくりご覧いただいたり、ぼそぼそ話にも耳を傾けて下さる様子に、胸熱くなる思いをいただき嬉しい限りです。

今展の会場や制作の日々を振り返り、”幸せを願う”ということを底心に持って向き合うことが、モヤモヤとしてたところに光差す思いでいます。幸せになってもらいたくて、笑顔でいてもらいたくて、そんなお顔を思い浮かべながら制作できることが、私たちにとっての幸せです。また皆様の笑顔とお会いできる日を楽しみにしています。

同じような気持ちで展示に臨んだ作家の皆さん、笑顔で細やかなサポートのヒナタノオトのスタッフの皆さん、百貨店の皆さん、ご一緒できた日々はとっても嬉しい時間と空気に包まれ、名残惜しい別れとなりました。お世話になりとても感謝しています。

皆々様、本当にどうもありがとうございました!!
気づけば花の季節です。こころ晴れやかに浮き立つ日々となりますように。

   
Date : 2017.03.30 Thursday
メモ :: - :: -