久々の…

展示350.JPG

昨日、我が家には珍しくお客さんが重なる日となりました。せっかくの機会なので、展示スペースに普段はあまり出さない作品たちを並べてみました。

こうして並べてみると、ひとつひとつ制作をするに至った経緯を思い出し、話下手でもそれを丁寧に説明し、伝えることも大切なのだと思いました。また、ものを囲んで話をしていると、ふつふつと作りたいという力も湧く気持ちになりました。お話の相手が尊敬する作り手だったから、というのも大きいです。力をいただく人と交わることも、ものすごく大切なことだと痛感です。

今まで繰り返して来たようなつもりのことですが、胸の奥底の乾いたところに水がしみ込むような気持ちです。前を見るためには、振り返ってみることもひとつだと思った日でした。

ミルツルさんでの展示へ向けて、もう一踏ん張りして行きたいと思います。

「初雪・ポッケ の 春じたく 展」
2018年2月2日(金)〜12日(月/祝) (4,5日は休み)
11:00〜18:00
Milleturu ミルツル
奈良市大和郡山市北郡山町130-3
tel 0743-52-4420   

  
Date : 2018.01.22 Monday
メモ :: - :: -
小鳥とクローバーと少女

小鳥350.JPG
右手に四つ葉のクローバー、左手には小鳥がやってきました。木彫の女の子の首飾りです。身長は7cmほど、メイプルの木に色漆とアクリルの彩色、目は18金の石枠にブラックダイヤを留めて黒い瞳に。四つ葉のクローバーは真鍮、小鳥は銀です。

小鳥が来てくれたらいいなと思い、鳥の巣箱を設置しているけれど、餌だけつまんでなかなか巣として使ってくれません。毎年、丸い穴の窓を出入りする姿を期待するのも、この時期からの楽しみのひとつとなり、春へと向かうワクワク感と重なります。

そして春になり、右手に四つ葉のクローバー、左手には小鳥がやってきたとき、なんだか嬉しい知らせが届く気がします。栗色の髪のこの少女を眺めながら、そんなことを思いました。


「初雪・ポッケ の 春じたく 展」
2018年2月2日(金)〜12日(月/祝) (4,5日は休み)
11:00〜18:00
Milleturu ミルツル
奈良市大和郡山市北郡山町130-3
tel 0743-52-4420

  
Date : 2018.01.20 Saturday
商品 :: - :: -
じょうろと少女

少女じょうろ350.JPG

手に銀のじょうろを持った女の子の首飾り。身長は7cmほどのこの子は、メイプルの木を彫刻し、色漆とアクリルで彩色してあります。目はブルーダイヤを18金の石枠で留めた青い瞳です。

春の待ち遠しいころ。じょうろの出番はまだ先ではありますが、今年はなにを植えようか、育てようか、無事芽が出てくれますように、と思いをめぐらせるのも、今の楽しみのひとつです。

土のなかで、木の内側でふつふつと力を蓄えている生きものたちを想像し、私たちも展示に、春に向かって準備を進めていきたいと思います。

「初雪・ポッケ の 春じたく 展」
2018年2月2日(金)〜12日(月/祝) (4,5日は休み)
11:00〜18:00
Milleturu ミルツル
奈良市大和郡山市北郡山町130-3
tel 0743-52-4420

  
Date : 2018.01.18 Thursday
商品 :: - :: -
奈良ミルツルさんで

ミルツル350.jpeg

来月、奈良のミルツルさんで行う展示会のタイトルは「初雪・ポッケの春じたく展」。そのDMのイラストが出来上がり、データが届きました。イラストはミルツルさんにイメージを拾っていただき、描いてもらいました。そして、それにはタイトルもついて。

”春じたく”

初春とは言っても、春はまだ遠く、思い描くにはまだ早い。今朝もイトを保育所に送る時、外気はマイナス6度だったし。でも、なにか新しいこと、新たな自分に向かっての準備を始めるには、ぴったりの時期かもしれない。移転を控えた私たちにとっても、そんな想いが重なります。ミルツルさんは、言葉足らずの私たちを代弁してDMにしてくれました。

「初雪・ポッケ の 春じたく 展」
2018年2月2日(金)〜12日(月/祝) (4,5日は休み)
11:00〜18:00
Milleturu ミルツル
奈良市大和郡山市北郡山町130-3
tel 0743-52-4420

DM郵送ご希望の方はCONTACTから→☆ご連絡いただければお送りします。

  
Date : 2018.01.12 Friday
展示会・イベント :: - :: -
とんどの…

とんど350.JPG

町内の隣組長をやっているので、来週のとんどに向けての準備をそそくさと。秋の終わりに刈っておいた茅を束ねて、杉丸太も割って焚きやすいように。

問題は竹の調達。川べりに群生していた竹薮も近年、鹿や猪に食べられたり、大雨時の大水も多くなって来たので、ずいぶん減ってきた様子。町内の人にお世話してもらい、まだ残っているところへ採りに行く予定となり、ひと安心です。でも、はやく採りに行って置いといても鹿に食べられてしまうので、とんどの前日に。

あと、縄がいるって言ってたな。組んだ竹の周りをぐるぐるっと巻けるくらい。なにかと準備がいるものです。

人の集まりも少なくなって来たので、昨年から3つの組が合同で行うことに。風習を伝え、残すことも大変ですが、ずっと続いて来たものだと思うと、ひとつひとつのことが愛おしく感じます。


  
Date : 2018.01.09 Tuesday
メモ :: - :: -
「冬の小さな動物園」

katakana.jpg

新年3日から始まる、東京 自由が丘のkatakanaさんで開催の合同展「冬の小さな動物園」に参加します。さまざまな作家さんたちの動物をモチーフとしたモノたちが一斉に集います。

また、同時開催で榊麻美植物研究所さんの盆栽もたくさん並びます。冬、おうちの中に緑があると明るく空間が活き活きする気がします。植物のわずかな変化で春を待つのもいいですね。

冬の小さな動物園と榊麻美植物研究所
1月3日(水)〜1月19日(金) 11:00〜20:00
(1月3日、4日 12:00〜18:00、1月5日 通常営業)
katakana 自由が丘店
東京都世田谷区奥沢5-20-21第一ワチビル1階

冬の小さな動物園の参加作家
下永久美子さん、野村亜土さん、UMESHISO工房さん、ま工房さん、橋谷 優さん、田路恭子さん、katachi-gurumiさん、初雪・ポッケ

新しい年のスタートに、お出かけしてワクワクするような楽しい気分を味わってもらえたら嬉しいです。

   
Date : 2018.01.02 Tuesday
展示会・イベント :: - :: -
2018年のごあいさつ

犬350.jpg

本年もどうぞよろしくお願いいたします
2018年 元旦      初雪・ポッケ


新しい年が始まりました。新天地での活動に向けて、何かと変化の多い年になると思います。世間に流されず、自分たちの足もとをしっかりさせて、踏ん張っていけるような場を作って行きたいと思います。

移転前後や制作環境を整える準備期間中は、何かと皆様にご迷惑をお掛けするかと思いますが、あたたかく見守っていただければ幸いです。また、おいおいお知らせ出来ればと思います。

犬の絵と文字はイト作。この春、新一年生となる彼も新たなスタートの年です。仲のよい友だちが出来ることを願うばかりです。まぁ、私たちのほうがそのへん相変わらず不器用なので、自分たちの心配をしろ、ですね。

今年もどうかお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

   
Date : 2018.01.01 Monday
メモ :: - :: -
2017年のお礼

石350.JPG

よく耳にする言葉ですが、「1年が早いねー」とつい自分でも口にしてしまいます。あっという間すぎて、なにをしてきたんかなぁと、思います。そして、大晦日に振り返りつつ思い浮かべるのは、この1年、お世話になった皆様のお顔やお言葉です。感謝しかありません。お礼申しあげます。

今年の後半は、移転に向けての準備段階に入り、何かとご迷惑お掛けしたことと思います。本当に申し訳ありませんでした。少しずつですが、具体的な進展もあり、だんだん現実味を帯びてきました。環境が変わるということは、本当に身体と精神と両方ともに、たくましさが必要なんだと実感しました。

写真の石は、金沢への帰省途中の安宅の関ちかくの海岸で拾いました。そう、義経と弁慶の勧進帳の舞台となったところです。義経一行を見守り、源平時代からずっと荒波にもまれていたかも、と想像ふくらませます。

来年、私たちもいっそう強い意志を持って進んで行きたいと思います。
では、皆様よいお年を!!

   
Date : 2017.12.31 Sunday
メモ :: - :: -
うさぎさん

うさぎ350.JPG

外では静かに雪が降っています。来年の干支は犬だというのに、せっせとうさぎを作っています。
メイプルの木に白塗装の白うさぎさん。おめめは赤いガーネット。茶色いうさぎさんはウォルナットの木です。おめめはブラックダイヤで。ブローチやループタイにする予定です。

近ごろ外を歩くとひょっこり出てくるリスを見かけます。せっせと冬支度でしょうか。でもなかなか野うさぎと出会うことはありません。会ってみたいものです。

家の中では今、ピアノのきれいな曲を好んで聴いていて、ベット・ミドラーの「The Rose」の歌が沁みます。特に”冬の冷たい雪の下、奥深く、眠る種は、太陽の恵みを受け、春に萌える、薔薇なのだと”という歌詞にじんとします。ジャニス・ジョプリンをモデルにした映画「ローズ」で演じ歌われ、沈んだ気持ちに勇気を与えてくれるような歌声が響きます。

まだまだ冬は長いですが、うさぎさんのように春、元気に飛び跳ねられるよう、力を蓄えたいと思います。

  
Date : 2017.12.28 Thursday
メモ :: - :: -
銅版画「獅子」

ブログ獅子.JPG

イトの原画を銅版画にした第2弾は獅子。今回はドライポイントで。ニードルでぎゅぎゅっと引っかくので、また私が仕上げまで行いました。原画の勢いをそこなわないようにと思うのですが、引っかき加減がまだうまく調節できないところもあり、変なぎこちなさが加味されました。

それにしても刷るという行為は難しく、インクのふき取り加減で微妙なにじみ具合が変わり、摺師という職業が成り立ってきたというのも納得。枚数を安定させるのは至難の技ですね。淡くじわっとにじむくらいが好きです。

獅子となったのは、前回の観音さまとの関連で、文殊菩薩がまたがる動物というところから。来年、小学1年生となるイトに智恵授かるようにと願いを込めて。

  
Date : 2017.12.22 Friday
メモ :: - :: -